荷物が少量の引越し

私は一年ちょっと前に、今のアパートに引っ越して来ました。 それまでは、実家に一人暮らしというちょっと特殊な暮らしをしていたのですが、 一人暮らしの男なので、荷物は少量で、かつ引越し先のアパートは、 実家から車で10分程度の近距離だったので、だったら引越し業者に頼まず、 自前でやってしまおうと考えました。 手伝ってくれたのは、腕っ節の強い空手選手の友人と彼女です。 空手選手の友人は、洗濯機など重いものを運ぶ際に、力が強い人がいたほうがいいと思った為、 声をかけたら快く手伝ってくれたのです。さすがに100キロ以上ある洗濯機ですので、 私と友人二人でも運ぶのにかなり苦労しましたが。そのほかの荷物は軽いものばかりで、 家具も組み立て式の鉄棚が一番大きなものだったので、車に積みさえできれば、 運ぶのはさほど苦労はしませんでした。

少量とはいえ、私が乗っている車はワゴンタイプの軽自動車なので、積める荷物には限界があり、 実家と引越し先を何往復したかわかりませんが、 何万円も払って業者に頼むよりはずっとましかなと言い聞かせ、 荷物を何度も何度も部屋に運び込みました。

夏まっさかりの昼に引越し作業を行ったため、 着ていたTシャツを絞ったら汗が出るほど、汗をかきました。 昼からはじめて、一段落ついた時はもうあたりは真っ暗でした。 業者に頼めば、数時間で全部終わるのに、やはり荷物が少量とはいえ、 素人がやるとなかなかに時間がかかるものなのだなと、ひとつ勉強になりました。 そして私の趣味のプラモデルですが、運んでいる時にどうやら壊れてしまったようです。 これもプロがやれば壊れる事はなかったでしょう。 今回、大きくて重いような家具がなかったのが救いでしたが、乾燥機付き洗濯機は、 今度引越す時は業者に頼もうと心に誓いました。 いくら友達が手伝ってくれたとはいえ、洗濯機を抱えて階段を昇り降りするのは本当に苦労しました。引越し 少量 料金