転勤による引越し

新卒で勤めた東京の会社。そこを辞め、実家のある関西で転職したのですが、 その時の小さな引越しの話です。 有給の消化期間中に、いくつかの引越し業者の見積もりを取りました。 各社、独身者パックと言う物を用意しており、 カーゴ1つに収まる荷物であれば安く引っ越しできるようでしたが・・・・残念ながら、 その場合、自転車を処分していかなければいけませんでした。引っ越し先でも自転車は必要になるし・・・や、引っ越し業者の提示する処分料金をみると、 やっぱり持って行かないと、と思いを強め、見積もりを取った所・・・一番安いプランが、 大手業者の「東京から関西まで1週間で荷物を届けます」と言うプラン。 今時、東京関西間で1週間というのも、えっ?!と言う驚きなのですが、 その分お安くしてもらいました。小さな引越し 格安

しかし、荷物のない1週間のサバイバル。 親に布団を借りたからこそようやくしのげたような物です。 いやあ、こんな時に親のありがたさがシミジミとよく分かりますねえ。 1週間、禅寺の僧侶はかくあるべし的な生活を送りました。 しかし、これも人生の修行ですかね?しかも、節約もできたし。 修行と節約の1石2鳥。考えてみればいい事づくめですねえ。